プレイセラピー

3つの芸術セラピー。

箱の中にグッズを並べる『箱庭でトーク』

写真を貼る『コラージュでトーク』

クレヨンで絵を描く『らくがきでトーク』

それぞれ手法は違いますが、どれもご自身の内に広がる「無意識」の中にあるイメージを、見える形にして表現していくもの。

その表現されたイメージを、「投影」という考え方に基づいてカウンセラーと共に理解していきます。

 

なぜ、あれではなく「これ」を選んだのか。

なぜ、この色を塗りたかったのか。

そんなところにも、あなたのココロが映し出されています。

箱庭でトーク

もともと自分の気持ちを上手く伝えることが難しい子どものための一手段だった箱庭療法。

 

山や海などの地形から自由に創ることができ、手軽に自分の世界を表現できます。その中で展開される物語に沿ってグッズを動かすことで、ドラマの登場人物になったかのようなたのしさが味わえます。

 

ストーリーがラストに近づくころには、次の一歩を踏み出すためのキーワードが見つかるかもしれません。

コラージュでトーク

 フランス語で「のりで貼りつける」という意味を持つコラージュ療法。

 

写真の持つ具体的なイメージと、ご自身の中にあるイメージを感覚的に結び付けながら、貼りつける写真を選んでゆきます。

 

できあがった作品には、あなたが本当に望んでいることや、進むべき方向性がビジュアルとして映し出されます。

らくがきでトーク

自由に描いた絵から自分への理解を深めていく絵画療法。

 

何もない、一から自分で創造してゆくことができるのが、このセラピーの醍醐味。

たとえ色を塗っただけ、線を描いただけであっても、カウンセラーとの会話を通してどんどんイメージが膨らんでゆきます。

 

何の制限もなく、自由に表現することで得られるスッキリ感を体感してみてください。


LINE@はこちら ➡   QRコード

     もしくは @tre8966p で検索を